• 敬老の日の注意点について

    高齢者に感謝の気持ちを伝える日の一つであり、年に一度となっているのが敬老の日です。

    直接ギフトを手渡しするという人もかなり多いですが、贈る相手が高齢ということもあり病院に入院していることもあるのではないでしょうか。

    オリジナリティに富む敬老の日情報といえばこちらです。

    その場合には、持ち込みが可能なアイテムを確認しておくことが大切になってきます。
    病状によっては食べ物や飲み物が制限されているので、飲食物を持って行ってもかえって迷惑を変えてしまうことになりかねません。

    お見舞いの品によっては規制や禁止している病院もあり、飲食物は誤嚥の可能性があることや高価なものは盗難のリスクがあるなどの理由から断られるケースも多いです。



    せっかく敬老の日に持って行っても渡すことができなければ意味がないので、事前に病院に持ち込み可能なものを確認しておくようにしましょう。



    敬老の日に限ったことではありませんが、病院に持っていく時にはお花を選ぶ人も多いです。
    ですがお花は世話が大変だったり、花粉や匂いの問題から持ち込みが制限されている可能性もあります。お花は敬老の日の定番の贈り物となっていることは間違いありませんが、鉢植えは根付くという意味から病院に持っていくのはマナー違反となっていることも、頭においておく必要があります。

    プリザーブドフラワーは可能となっていることが多いので、病院にお見舞いも兼ねて敬老の日のギフトを持っていく時にはアイテム選びは通常よりもさらに慎重に行うべきです。